2020 / 古典文学の楽しみ:世羅博昭先生インタビュー(3)@LAビデオ会合:10月19日、月曜日、4:00PM – 4:50PM (ロサンゼルス時間)via Zoom

(カルチュラル・ニュース編集長、東 繁春)広島市在住の国語教育者、世羅博昭(せら・ひろあき)先生は、この10月で80歳になられました。約20年間を高校で、約20年間を大学で国語を教えてこられました。現在は、国立・鳴門教育大学名誉教授です。

広島にいる世羅先生から、ビデオ会議システムをつかってロサンゼルスで、源氏物語の講義を、毎月1回、受けています。10月は、10月21日、水曜日、6PM(ロサンゼルス時間)から、第4回目を行います。

「世羅先生インタビュー」は、生涯を、源氏物語を教えることにささげてこられた世羅先生に、なぜ、どのようないきさつで、源氏物語をご自分の一生のテーマにされたのかを、語っていただいています。

8月の第1回インタビューでは、高校2年生のときに、国語の特別講義で源氏物語に出会ったこと、9月の第2回では、広島大学文学部に入学されたことなどを聞きました。

10月19日、第3回インタビューでは、1960年代当時、全国的に比較しても、非常に充実していた広島大学文学部の国語学国文学科で、古典言語学、現代言語学、上代中古文学(奈良・平安時代)、中世文学(鎌倉・室町時代)、近世文学(江戸時代)、近代文学(明治、大正、昭和時代)と歴史的にも知識的にも幅広く国語と文学を学ぶことができたこと、そして、国語と文学の知識が増すほど、世羅青年には源氏物語の魅力が、ますます強くなっていったことを語っていただいています。

10月19日のZoom Meetingの開始時刻は、4:00PM です。いつもですと、遅刻厳禁とお知らせしていますが、19日のZoom Meetingは、10月17日に収録したビデオを見ていただきますので、途中からの参加も可能です。

最近の「ロサンゼルスのビデオ会合」は、参加登録をしていただくことになりました。下記のURLから、名前とEメール, City, Countryを登録してください。
https://us02web.zoom.us/meeting/register/tZYlcOigpz8sHNCT8g8EYJ8ZBOpmh33sONNh

登録をするとすぐに、Zoom Meeting IDとパスコードが送られてきます。

「ロサンゼルスのビデオ会合」でお目にかかりましょう。

+

カルチュラル・ニュース協会・主催

世羅博昭先生(国語教育者、広島市在住)と「日本の古典文学を読む」会
2020年10月21日(水曜日)午後6時から8時まで(ロサンゼルス時間)
ビデオ会議アプリ Zoom を使い、広島とロサンゼルスを結ぶビデオ講義を行います。

参加費:30ドル(資料代を含みます。初めての方は、無料で講義を体験できます)カルチュラル・ニュース編集長、東まで、お問い合わせください:higashi@culturalnews.com  (213) 819-4100