源氏物語:世羅博昭先生と古典を読む会:5月19日、6:00PM-8:00PM、ロサンゼルス時間

カルチュラル・ニュースとカルチュラル・ニュース協会(代表・東繁春)は、広島市在住の国語教育者、世羅博昭(せら・ひろあき)先生による「日本の古典文学を読む会:源氏物語」のオンライン講義を、毎月1回、行っています。

開催日時は、毎月、第3水曜日の、ロサンゼルス時間、午後6時から8時までの2時間です。(日本時間では木曜日、午前10時から正午まで=米国が夏時間の期間)。

「古典を読む会」第1期では、世羅博昭先生(国立・鳴門教育大学・名誉教授)が「源氏物語」の中「宇治十帖」の原文を読んで、内容を説明されます。世羅先生は、約20年にわたって広島県内の高校生に古典を教えてこられ、その教授法は、日本の教育界で高い評価を受けています。従来の古典授業とは、まったく違ったアプローチで「源氏物語」を読んでいきます。

資料代を含んだ受講料は、1回1人、30ドルです。初めてのお試しは、無料で参加できますので、東まで higashi@culturalnews.com へ申し込んでください。