ロサンゼルス・リトル東京の全米日系人博物館、4月16日から週末(金、土、日)のみ無料で入場再開、事前予約が必要になります

Photo by Paloma Dooley.

ロサンゼルス・リトル東京にある全米日系人博物館(Japanese American National Museum)は、4月16日(金)から一般入場が再開されることになりました。当面は、金、土、日曜日の週末のみの開館となります。

当面は、入場料が無料になりますが、事前予約制になりましたので、必ず予約をしてください。予約は、janm.org/ticketsをクリックしてください。

展示

「トランセンディエンツ:ボーダーのヒーローたち」 =タイジ・テラサキによる現代美術展。 現実に存在するボーダーと目には見えないボーダーの両方で、差別や偏見、不平等に直面する人たちを助け、彼らのために闘うヒーローを紹介する展覧会。

「トランセンディエンツ:COVID-19の100日と医療従事者へのメモリアル」=(追加展示)人種や階級の問題から、食のサスティナビリティー、アート、科学的革新、気候変動への適応までさまざまなストーリーを伝える、パンデミック中に作られた織物のアート作品。

きのこ雲の下で:広島、長崎と原爆」 =2020年、広島と長崎への原爆投下からの75 周年の節目に、全米日系博物館が広島市、長崎市と共に開催しました。

「コモン・グラウンド:コミュニティの心」 =常設展。

新たな開館時間:
金曜日、土曜日、日曜日の午前11時〜午後5時(太平洋岸夏時間)。
最終入館は午後4時です。

休館日:月曜日、火曜日、水曜日、木曜日

全米日系人博物館からの告知全文は下記URLからご覧ください。
https://www.janm.org/ja/press/release/japanese-american-national-museum-sets-reopening-april-16

アン・バロウズ・全米日系人博物館館長からのメッセージ

「JANMは常に、地元のコミュニティや国内外からの訪問者が集い、考え、学び、祝うことのできる活気ある空間であり続けてきました。このたび当館は再開館し、私たちのミッションにとって非常に重要である、物理的なつながりを再構築する準備を整えました。この数週間、アジア系のコミュニティに対する人種差別や暴力の高まりが常に私たちの念頭にあります。とりわけ先週アトランタで起きた忌まわしく悲劇的な殺人事件を受け、心が乱れる困難でつらい日々が続いています。傷を癒し、再生の場としてJANMを提供することは、当館が今、提供できる最も重要な役割の一つだと考えています」