2021 / ロサンゼルスの日本文化と美術イベントを英語で伝える Weekly Cultural News(9月20日付け):ロサンゼルス・カウンティー美術館の現代中国人作家によるインク展の中に、杉本博司の作品を見つけました

ロサンゼルス・カウンティー美術館では9月19日から Ink Dreams 展が始まりました。スイスのジュネーブに住むジェラルド・コグニーとドラ・コグニーは、モノクロを基調とした作品ばかりを集めて、Fondation INK Collection を作りました。コレクションは約400点があり、2018年にこのコレクションがロサンゼルス・カウンティー美術館に寄付されることになりました。今回は、このコレクションの中から53人の作家、78作品が展示されています。

Ink Dreams の作品の大半は、現在の中国人によるコンテンポラリー・アートですが、その中に、杉本博司の Lightening Field シリーズ3作品が展示されています。

ロサンゼルスの日本文化・芸術イベントを英語で伝える Weekly Cultural News の購読料は、1カ月9ドルで、4カ月分36ドルから購読できます。購読の申し込みは下記のリンクをクリックしてください。https://www.culturalnews.com/?page_id=29

 

Contents of Weekly Cultural News, September 20 -26, 2021

P01: LACMA’s new exhibition “Ink Dreams”: Three works by Hiroshi Sugimoto shown among contemporary works

P02: LACMA’s “Ink Dreams”: Three works by Hiroshi Sugimoto shown among contemporary works

P03: “WAVE – New Currents in Japanese Graphic Art” showcases influential styles of Manga/Anime, Pop Art, and Photo Realism

P04: Oil paintings by Mayuka Yamamoto at Corey Helford Gallery

Ad: Uyehara Travel provides 7th Worldwide Uchunanchu Festival tour in Oct. 2022

P05: Japanese Percussion Lesson #66: Narimono for Yamatogaku song “KOTOBUKI”

P06: Webinar Oct. 1 / Hiroshima Reconstruction After Atomic Bombing: Atomic Bomb Dome