2021/ Weekly Cultural News / 7月26日-8月1日 / 1964年の東京オリンピックに出場のハンガリー水泳選手の子育て記録映画を作ろうとしているロサンゼルスの映画監督

(カルチュラル・ニュース編集長、東 繁春)私は、1998年に英字新聞 Cultural News を創刊し、ロサンゼルスで体験できる日本文化イベントと日本美術展を、紹介してきました。昨年3月までは、月刊で発行していましたが、コロナ感染で、すべての社会活動がシャットダウンしたため、日本文化プログラムも日本画展も行われなくなったので、月刊紙の発行を中止しなければなりませんでした。昨年6月からは、オンライン・イベントを紹介するWeekly Cultural News の発行をPDF形式で始めました。今年4月になってようやく、美術館や文化センターの活動が一部再開されているので、現在は、本来の実際のイベントを紹介する内容になっています。

今週の Weekly Cultural News のトップは、現在進行中のオリンピックの関係した内容です。現在、ロサンゼルスで映画製作をしているハンガリー人のクラウディア・コバスさんは、お母さんが1964年東京オリンピックのハンガリー代表水泳選手でした。自らがオリンピック選手の子供であるコバスさんは
Children of Champions (チャンピオンの子供たち)という映画企画を進めています。オンピック選手は子供育てがじょうずなのだが、その事実が知られていない。映画を通して、この事実を知らせよう、いう映画企画です。カルチュラル・ニュースに連絡があったのは、1964年の東京オリンピックの選手を探してほしい、という理由です。

アカデミー映画博物館が9月30日に開館します。そのオープンに合わせて関係プログラムが発表されていて宮崎アニメの上映日程(10月5日から11月27日)が発表されので、カルチュラル・ニュースで掲載しました。映画チケットは1回25ドルで、映画チケットを購入するためには、アカデミー映画博物館のメンバーシップ(最低100ドルから)を支払わなければなりません。

昨年は、中止されたロサンゼルスの「二世ウィーク」が、今年は8月14日にオンラインで開催されます。今年のクイーン候補も発表されました。今年のテーマは「居場所」です。

カルチュラル・ニュースは、昨年8月5日(日本時間8月6日)広島原爆投下の日に合わせたオンライン・ライブを行って以来、オンラインで原爆からの広島の復興をテーマに広島在住の山崎学さんの話を続けてきました。これまでに紹介した内容は、平和記念公園、世界平和記念聖堂、縮景園(日本庭園)広島城などです。3回おこなったバイリンガル(日英語)版では、毎回50人近い参加者がありましt。今年の8月5日(日本時間8月6日)は、Hiroshima Time 8:15AM の題名で、山崎さんに広島の現状を紹介してもらうオンライン・ライブを行います。

記事に続きは、英字Weekly Cultural News を購読して、読んでください。
申し込みリンク:Weekly Cultural News の購読は、4カ月分36ドルです。
見本紙(PDF版)を無料でさしあげます。申込は higashi@culturalnews.com へ。

Contents of Weekly Cultural News, July 26 – August 01, 2021

P01: Los Angeles-based filmmaker looking for 1964 Tokyo Olympians to document their parenting successes

P02: Los Angeles-based filmmaker looking for 1964 Tokyo Olympians to document their parenting successes

P03: Academy Museum to screen Miyazaki anime, Oct. 5-Nov.27

P04: Japanese Percussion Lesson #58 Narimono for Yamatogaku song “Fune Yurara”

Ad: Uyehara Travel provides 7th Worldwide Uchunanchu Festival tour in Oct. 2022

P05: Sacrament / Crocker Art Museum – Hands and Earth: Contemporary Japanese Ceramics

P06: Introducing the 2021 Nisei Week Queen Candidates

P06: Japanese word “Ibasho” selected for the theme of 2021 Nisei Week

P07: Online event “Hiroshima Time 8:15AM” to remember Atomic bombing in 1945

P07: American Society of Hiroshima and Nagasaki Atomic Bomb Survivors will hold commemoration event online

P07: Shinto Shrine of Shusse Inari in America will provide Memorial Service & Peace Prayer