中止=ロサンゼルス:30分で分かるスマホの使い方ワークショップ、4月6日(月)1PM-3PM

新型コロナウイルスの感染がロサンゼルスでも広がっているため、このワークショップを中止します。

30分でわかるスマホの使い方ワークショップ
4月6日(月) 1:00-3:00PM
日米文化会館3階、パイオニア・センター

Pioneer Center, Suite 301, Japanese American Cultural & Community Center
244 South San Pedro Street, Los Angeles, CA 90012

参加費:$5   申し込み (213) 819-4100
講師・カルチュラルニュース編集長・東 繁春

パイオニア・センターを会場につかって、毎月第1と第3火曜日、正午30分から午後1時30分まで、1時間の「スマホ相談室」(参加費ひとり2ドル)を行っています。「スマホ相談」は、参加者の質問に答える方法で、東カルチュラルニュース編集長が、話をしています。

この度、何を質問したらいいのか、わからないという方のために、「30分で分かるスマホの使い方」ワークショップを行うことにしました。ひとり5ドルの参加費は、パイオニア・センターに支払う部屋の使用料につかいます。(ひがし・しげはる)

「30分で分かるスマホの使い方ワークショップ」チラシPDF

+

カルチュラルニュース編集長の東繁春(ひがし・しげはる)です。

1月18日は、日系パイオニアセンターの新年会、翌19日は、北米沖縄県人会の新年会に行ってきました。この2つの会合で、多くの方から、スマホの使い方を教えてほしいと、声をかけていただきました。

これまで、わたしは「説明会や勉強会はやりません。質問に答える相談会のやり方をしています」と一貫して言ってきましたが、このわたしの態度は、間違っていることに気がつきました。

多くの方が、どのように質問したらいいのか、分からないようですし、まず、話を聞いてみたいという方が、ひじょうに多いということに気がつきました。

10人くらい参加者を集めていただければ「30分でわかるスマホの使い方」を話しに行きます。どこでも、行きますから、東まで、連絡してください。

電話 (213) 819-4100    Eメール higashi@culturalnews.com

毎週、リトル東京で「スマホ相談」をやっています。