2017/ロングビーチ・四日市・姉妹都市協会のレセプションで、2017年交流プログラム参加者が紹介されました、7月17日

ロングビーチ・四日市・姉妹都市協会は、7月17日夜、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校内にある日本庭園でレセプションを行い、2017年交流プログラム参加者を紹介しました。

Trio Cultural Echange

Trio Cultural Exchange (Cultural News Photo)

Trio Cultural Exchange: 1年ごとに、高校生2人と教師1人の計3人を相互に派遣するトリオ・プログラムは、今年はロングビーチから学生・教師を派遣する年です。今年、選ばれたのはMarybeth Murray (Long Beach Unified School District Teacher, 写真は右端), Lilly Brossus (Poly High School Student, 写真は、左から2人目)、Aidan Harper (Ploy High School Student, 写真は右から2人目)。写真左端は、トリオ・プログラム委員長のYoko Pusavat。ロングビーチからのトリオは、7月20日にロサンゼルス空港を出発し、四日市市に3週間滞在し、8月8日に帰国します。トリオの日本への派遣費用のうち、ロサンゼルスと日本への往復費用は、ロングビーチ港湾局が負担、一部旅費は参加者の負担、3週間の四日市での滞在費は、四日市市が負担しています。。

 

Yokkaichi English Fellows

Yokkaichi English Fellows (Cultural News Photo)

Yokkaichi English Fellows:ロングビーチから四日市に英語教師を派遣するYEF は、今年はJessica Corrales (Cal State University Long Beach Alumna) とSarah Davis (Cal State University Long Beach Alumna)の2人(写真左)が選ばれました。2人は、7月30日にロサンゼルス空港を出発し、8月1日から四日市市教育委員会での勤務が始まります。派遣費用は四日市市教育委員会が負担しています。任期は最低1年で最長5年間まで延長ができます。写真右端は、YEF プログラム共同委員長の Jeanette Schelin。

 

Environmental Summit

Environmental Summit Program (Cultural News Photo)

Environmental Summit Program (地球環境塾事業):四日市市、ロングビーチ市、中国・天津市の高校生が集まり、地球環境問題について学ぶプログラムは、今年は全員がPoly High Schoolから 学生4人が選ばれました。写真左から2人目がKC Hunt, 左から3人目はGisela Martinez, 右端がJason Sun。 左から4人目がシャペロン(付き添い)役のDr. Elaine Bernal (CSULB Professor)。4人目の参加者のCassidy Hunt はヨーロッパ旅行中で欠席しています。左端は地球環境塾事業のロングビーチ委員長のBonnie Stoeppelman.7月31日にロサンゼルス空港を出発し、8月7日に帰国します。ロサンゼルスから四日市までの旅費は、参加者の自己負担で、日本滞在中の10日の費用は四日市市が負担します。

 

Doctor’s Exchange: 2月に、四日市市立病院の3人の医師がロングビーチに派遣され、ロングビーチ・メモリアル病院などで2週間の研修を受けました。Dr. James Wellsが報告しました。

 

Tags: , ,

Comments are closed.