コロナ問題を話すビデオ会合:7月27日、4:00PM – 5:00PM (ロサンゼルス時間)via Zoom

(カルチュラルニュース編集長、東 繁春) ロサンゼルス・カウンティ行政区(人口1000万人)の7月25日発表のコロナ感染による死亡者は53人、新たな感染確認は3,628人でした。26日発表では、死亡者は10人、感染確認は1,703人でした。皆さんの周りのようすを教えてください。

Tele小屋・ロサンゼルス・ビデオ会合 via Zoom
7 月27 日(月曜日)4:00PM – 5:00PM
コロナ問題を話すビデオ会合

下記のURLからZoom Meeting に参加できます。
https://us02web.zoom.us/j/85331502459?pwd=MW51M25CYlI1SGhiY3FUc0Vib2R2UT09

Meeting IDは毎回、変わります。
Zoom Meeting ID: 853 3150 2459
Passcode: 000555

では、皆さん 「LAビデオ会合」でお会いしましょう。
カルチュラルニュース編集長、東 繁春

今後のTele小屋ビデオ会合の予定(表示はロサンゼルス時間)

月曜日から金曜日まで、4:00PM-5:00PM、毎日、1時間のビデオ会合を行っています。土曜日は7:00PM-8:00PM、日曜日は10:00AM-11:00AMです。

+

(カルチュラルニュース編集長、東 繁春)今から約130年前、ロサンゼルス・リトル東京に日本人移民が商店を開きました。約90年前、リトル東京には約4万人の日本人が住んでいて、不況だった日本人商店街を盛り上げるため「二世ウィーク」が始まりました。

1990年代、ロサンゼルスに住む、日本生まれの日本人は10万人以上になりました。そしてアメリカ生まれの日本人は数十万人になりました。日本文化をテーマにした月刊・英字新聞 Cultural News は1998年に創刊されました。また、カルチュラルニュース社は、日本語ウエッブサイトとメルマガ「ロサンゼルスのメール交換」による日本語ニュースの配信も5年前から続けています。

コロナ問題による大幅な社会活動の規制で、カルチュラルニュース社も経営危機におちいっています。皆さんに、募金をお願いしています。

募金は、昨年、認可された非営利団体、Cultural News Association が受け付けています。7月末までに、約6500ドルが送らてきました。1万ドルに近づいてきました。目標の3万ドルを達成するために、もう一度、みなさんの協力をお願いします。詳しくは https://digest.culturalnews.com/donation をご覧ください。

カルチュラルニュース日本語記事はウエッブサイト「ロサンゼルスのメール交換」
https://digest.culturalnews.com  に常時掲載されています。