2014/TSUKEMENはバイオリン2本とピアノの3人組み

Aurora 2014 Tsukemen

TSUKEMEN (左から) TAIRIKU, SUGURU, KENTA

TSUKEMEN

2ヴァイオリンとピアノ3人によるユニオンTSUKEMEN「生音」にこだわりPA(音響装置)を使わないLIVEは全国各地で年間80本を超える。メンバーそれぞれが手掛けるオリジナル曲を始め、クラシックはもちろん、映画音楽•ジャス•ゲーム音楽からアニメ曲まで幅広いジャンルの楽曲で魅了する。

2008年12月に東京•サントリーホール・ブルーローズ2daysでコンサートデビューを果たし、2010年3月にはキングレコードよりアルバム「BASARA」にてメジャーデビュー。以後リリースするアルバム4作すべてがクラシックチャートにて初登場1位を獲得。またコンサートでは国内にだけにとどまらず、ニューヨーク•韓国での公演を経て、2014年3月にはドイツにて名門シュトゥットガルト室内管弦楽団とTSUKEMENの完全オリジナル楽曲で共演。

2014年6月にはその際に収録した初のオーケストレーション•アルバム「ACROSS~TSUKEMEN Special Live in Stuttgart~」が発売。国内LIVEについても、今年の予定公演でデビューから300本を超える。コンサートで培われた実力は会場を虜にし、見る者をとらえて離さない。ジャンルレスであり、どこにも属さないそのステージは新たな楽曲を生み出す。

クラシックでもない、ポピュラーでもない、TSUKEMENという音楽がそこにはある。

TAIRIKU  /佐田大陸 /ヴァイオリン

1984年8月11日生まれ。長野県出身。4歳からヴァイオリンを始める。

2007年第8回大阪国際コンクールデュオ部門最高位。同グランドファイナルにて二つの特別賞(審査委員長賞、ジャーナリスト賞)を受賞。その他、全日本学生音楽コンクール等、数々のコンクールに入賞入選。2007年学内室内楽試験において首席で終了。さだまさしアルバムCD「Mist」(2007年)にも2曲ソロで参加。

これまでにヴァイオリンを佐藤真理子氏、大工原加奈子氏、山岡耕筰氏、ゲルバルト・ボッセ氏、天満敦子氏、漆原啓子氏、現在は藤原雄氏に師事。室内楽を東京カルテット、原田幸一郎氏、毛利伯郎氏に師事。

2010年3月に桐朋学園音楽学部大学院卒業。

SUGURU/伊藤優/ピアノ

1985年12月8日生まれ。広島県出身。4歳からピアノを始める。

広島県立五日市高等学校30周年記念式典にて広島交響楽団と協演。2005年第25回飯塚新人音楽コンクールピアノ部門第1位。福岡県知事賞、九州朝日放送賞を受賞。入賞者招待演奏会に出演。2007年広島国際文化財団「スカラシップ2007」に選出される。これまでにジャック・ルヴィエ氏、アンリ・バルダ氏、M.ボクス・センスキー氏の公開レッスンを受ける。ソルフェージュを三上恭子、若尾久美の各氏に、ピアノを伏見和美、小嶋素子の各氏に師事。現在は室内楽を藤井一興氏に、ピアノを村上弦一郎氏に師事。

2010年3月に桐朋学園大学音楽学部研究生修了。

KENTA/黒木健太/ヴァイオリン

1984年10月24日生まれ。熊本県出身。5歳からヴァイオリンを始める。

1999年日本クラッシック音楽コンクール全国大会入選。2001年全日本学生コンクール東京大会・高校生の部入選。
2005年BTMフィルハーモニー管弦楽団とシベリウスのコンチェルトにソロリストとして出演。2005年、2006年、2007年サントリーホール デビュー コンサート“レインボー21”にソロ、室内楽で出演。

ヴァイオリンを鶴和美、景山誠治、東彩子、室内楽を上田晴子の各氏に師事。東京音楽大学在学中、選抜学生によるアンサンブル“エンドレス”でコンサートマスターを務め、トッパンホール等で演奏。

2007年3月東京音楽大学を卒業。

Tags: , , , , ,

Comments are closed.