2017/デトロイト美術館で日本カルチャー・デー・イベント、11月4日、5日

舞踊集団「菊の会」による阿波踊りパレード。デトロイト美術館リベラ・コートで。(Cultural News Photo)

舞踊集団「菊の会」による阿波踊りパレード。デトロイト美術館リベラ・コートで。(Cultural News Photo)

デトロイト美術館の日本ギャラリーのオープニングに合わせた、日本カルチャー・デー(Japan Cultural Days)イベントが11月4日、5日の週末に行われました。

日本ギャラリーを開設するための資金提供を行ったデトロイト日本商工会 (Japan Business Society of Detroit)が、全面的なスポンサーになって、日本から7人の伝統工芸の匠(たくみ)、舞踊集団「菊の会」などを呼び、デトロイト美術館のパブリックスペースをすべて、日本文化プログラムで2日間うめつくすという、全米的に見てもこれまで例のない、充実した日本文化イベントになりました。(カルチュラルニュース編集長、東 繁春)

デトロイト美術館は、2度の改装工事を経ていますが、本体は、1927年に完成したイタリア・ルネッサンス様式の荘厳な大理石の建物です。その美術館の中のパブリック・スペースでは、もっともよく知られているグレート・ホールに、伝統工芸の匠、7人の作品紹介と実演のブースが作られました。

7人の匠は、1)東京・浅草から江戸時代のてぬぐいデザインを復活させた川上千尋さん、2)東京・台東区で、寺院や仏像の修復をてがける木彫師匠の横谷光明(よこや・みつあき)さん、3)ロサンゼルスから、染色の伝統技術をアメリカ人に教えている林節子さん、4)大分県国崎半島に窯をもつ、現代陶芸家の木下栄司さん、5)東京・墨田区で、市松人形を作る墨田区伝統工芸保存会の藤村光環(ふじた・こうかん)さん、6)愛知県豊田市で小原和紙の伝統を継承する加納登茂美(かのう・ともみ)さんと加納恒(かのう・ひさし)さん夫妻でした。

デトロイト美術館でもっとも有名な作品は、1930年代にメキシコの画家ディエゴ・リベロが、巨大な壁面に描いた「デトロイト産業壁画」です。自動車工場の流れ作業行程がややグロテスクに描きだされています。このリベラ・コートで、愛知県豊田市に伝わる武道「棒の手」の実演が、計4回行われました。

「棒の手」の参加は、デトロイト市と愛知県豊田市は姉妹都市を結んでいることがきっかけで、今回は「豊田市棒の手保存会」の20人が参加し「棒の手」の実演とともに市民交流も行いました。

「棒の手」は、織田信長が農民に武器を持たせ、闘わせたことが発祥で「愛知県無形民俗文化財」に指定されています。信長の農民を兵として使う「国民皆兵」の発想は、ナポレオンによって実行されたフランスの「国民皆兵」よりも、200年以上も古いものです。

東京の舞踊集団「菊の会」20人が尺八奏者、米谷和修(よねや・わしゅう)さん、太鼓奏者、〇〇さんとともに、約1時間のプログラムで、歌舞伎、民謡、日本舞踊をベースにした創作ダンスを90年前に造られたデトロイト美術館内にある、アールデコ様式の荘厳な内装の劇場(1,100席)で計、4回公演しました。舞台演出はロサンゼルスの舞台演習家、伊東容子さんによって行われました。

途中、入場者を舞台に上げて着物を着てもらう着物解説を含んで「菊の会」のショーは入場者の大きな感動を与えていました。

また土曜日と日曜日の午後4時30分からは、リベラ・コートで、Awa Ddori Parade のタイトルで阿波踊りをベースにしたダンスショーが約30分間くり広げられ、最終日は、リベラ・コートから美術館出口までの練り歩きも行われ入場者からは大きな拍手が送られていました。

 

Japan Cultural Days Great Hall

デトロイト美術館で行われた日本カルチャー・デー:グレート・ホールでの日本の匠の展示 (Cultural News Photo)

japan Cultural Days Great Hall

デトロイト美術館で行われた日本カルチャー・デー:東京墨田区から市松人形の師匠・藤村光環(ふじむら・こうかん)さん (Cultural News Photo)

Japan Cultural Days Great Hall

デトロイト美術館で行われた日本カルチャー・デー:愛知県豊田市から和紙の師匠:加納登茂美・恒さん(Cultural News Photo)

Japan Cultural Day Great Hall

デトロイト美術館で行われた日本カルチャー・デー:ロサンゼルスから染色の師匠・林節子さん (Cultural News Photo)

Japan Cultural Days Workshop

デトロイト美術館で行われた日本カルチャー・デー:和紙の師匠、加納登茂美・恒さんによる和紙のワークショップ (Cultural News Photo)

Japan Cultural Days Revera Hall Bonote

デトロイト美術館で行われた日本カルチャー・デー:リベラ・コートで行われた愛知県豊田市の伝統武術「棒の手」パフォーマンス (Cultural News Photo)

DIA Japan Cultural Days Kikuno Kai

デトロイト美術館で行われた日本カルチャー・デー:舞踊集団「菊の会」による劇場での日本舞踊・民謡の公演。司会はハリウッド女優の叉村カズさん。 (Cultural News Photo)

DIA Japan Cultural Days Kikuno Kai Sanbaso

デトロイト美術館で行われた日本カルチャー・デー:舞踊集団「菊の会」による「三番叟」(Cultural News Photo)

DIA Japan Cultural Days Kikuno Kai Awa Odori Parade

デトロイト美術館で行われた日本カルチャー・デー:舞踊集団「菊の会」によるリベラ・コートでの阿波踊りパレード (Cultural News Photo)

+

DIA Japan Cultural Days Karuta

デトロイト美術館で行われた日本カルチャー・デー:リベラ・コートで行われたDCいにしへ歌留多会によるカルタ実演(Cultural News Photo)

DIA Japan Cultural Days Mikoshi

デトロイト美術館で行われた日本カルチャー・デー:東京浅草・三社祭のビデオと、実際の神輿の展示 (Cultural News Photo)

DIA Japan Cultural Days Tea Room

デトロイト美術館で行われた日本カルチャー・デー:インテリア・デザイナー内田繁(1943-2016)のデザインによる移動式の茶室 (Cultural News Photo)

DIA Japan Cultural Days Major Sponsor Signs

デトロイト美術館で行われた日本カルチャー・デー:メジャー・スポンサー、Toyota, Aishin, Denso のサイン 〔Cultural News Photo)