2017/琴の粟屋陽子(あわや・ようこ)先生が主宰する「粟屋会」の40周年記念コンサート、アームストロング劇場で、4月15日

20170329 Awaya Kai Concert April 15

4月13日現在、チケットは完売しました

琴の粟屋陽子(あわや・ようこ)先生が、ガーデナで主宰する「粟屋会」は、4月15日(土)午後2時からトーレンス市のアームストロング劇場で、40周年記念コンサートを行います。

筝曲生田流宮城社の「粟屋会」は1975年の設立で、1979年以来、琴を中心に世界の楽器とダンスなどとコラボレートした新しい発想の演奏会を、2,3年毎に開催しています。

今回のオープニングは、本場スペインの音楽 ”ブレリア”をフラメンコ・ギターとカスタネットで演奏し、続いて日本のギター奏者が作曲したフラメンコリズムの曲 ”振子” を箏と十七絃で演奏します。

フラメンコ・ギターとダンスは、グレンデールでフラメンコ教室を主宰し、世界的に活躍しているパコ・アロヨとよヨランダ・アロヨが演じます。

もうひとりの特別ゲストは、北京の中央音楽院を卒業して、米国でプロの演奏活動をしている二胡奏者、ユンホ・リャングです。最近は、上海ディズニーランドのテーマソングをレコーディングしています。コンサートでは、ユンホ・リャングは、古典筝曲「千鳥の曲」に参加し、尺八のパートを二胡で演奏します。

40周年記念コンサートで「粟屋会」と共演するのは、与那嶺恵子沖縄ダンスグループ、日本舞踊の坂東拡三也と門下生、箏の鯨岡佐枝子、フルートのステファニー・ジョーンズ、パーカッションのデービット・カウエン、琉球国まつり太鼓です。琉球国まつり太鼓がにぎやかに「三線の花」などを演奏し、続いてモーツアルト作曲の「キラキラ星」を歌、フルートと子供たちによる琴で演奏します。「琉球民謡による組曲」では「安里屋ユンタ」と2曲のメドレーを琴と二胡で合奏し、沖縄舞踊が披露されます。

入場料は一般前売り券 25ドル、当日券30ドルです。チケット取扱は ガーデナのさくらや(電話:310-323-7117)、とリトル東京の上原旅行社(電話213-680-2499)です。ウエッブサイト www.awayakai.com では、PayPal で購入ができます。アームストロング劇場の住所は、3330 Civic Center Drive, Torrance, CA 90503.

4月15日の「粟屋会40周年記念公演」についての問合せは、粟屋会(電話 310-329-5965)へ。

収益金の一部は、2016年4月の熊本地震支援のため、南カリフォルニア熊本県人会に寄付されます。

+

Cultural News 2017 03 Mar P01 Icon1000人のボランティア購読者に感謝しています

英字新聞 Cultural Newsはアメリカ市民に日本を理解してもらうために発行しています

今、読んでいただいているこのWeb新聞カルチュラルニュース日本語版は、無料サービスです。こうした貴重な日本語情報をロサンゼルスから発信することができるのは、1000人のボランティア購読者による支えがあるからです。ボランティア購読者の年間講読料は、30ドル(アメリカ国内)です。ボランティア購読者になっていただくと、Web新聞カルチュラルニュースを読んでいただくと同時に月刊英字新聞Cultural News が毎月、郵便で購読者の住所に届きます。月刊英字新聞 Cultural News は、ロサンゼルスとその近郊の南カリフォルニア地域で行われる日本文化イベント情報を、英語でお知らせしています。ロサンゼルス・カウンティ美術館(LACMA)には、国宝級の日本画も所蔵されています。そうした日本でもなかなか見ることができない重要な日本画の展示日程もお知らせしています。

現在、東アジアの情勢はたいへんきびしいものがあります。日本の歴史と文化をアメリカ市民に知らせるツール(道具)が必要と考えて、英字新聞 Cultural News を発行しています。あなたも、1000人のボランティア購読者の一人になって、日本をアメリカ市民に理解してもらうこの活動に参加しませんか。(カルチュラルニュース編集長、東 繁春)購読申し込み