コロナ感染: ロサンゼルス・カウンティー公衆衛生局5月3日発表では、死亡者が引き続き0人、新規感染者は255人

南カリフォルニアのコロナ感染のようすがわかる地図(最新情報)
https://covid19.tmsoftwareinc.com/

(カルチュラルニュース編集長、東 繁春)カリフォルニア州ロサンゼルス・カウンティー行政区(人口1,000万人)の公衆衛生局は、毎日、コロナ感染者数、死亡者数を発表しています。
http://publichealth.lacounty.gov/phcommon/public/media/mediapubdisplay.cfm?unit=media&ou=ph&prog=media

ロサンゼルス・カウンティー公衆衛生局の5月3日の発表では、コロナ感染による死亡前日に引き続き0人でした。これは、週末による報告の遅れが原因と見られています。新規感染者は255人でした。

ロサンゼルス・カウンティーの5月2日までの累積の感染者数は123万3,985人、累積死亡者は2万3,914 人でした。

5月3日発表の入院患者数は390人で、この内23%がICU(集中治療室)に入っています。1日の入院患者数が400人以下になったのは昨年3月末以来のことです。

5月3日までの累積入院者数は8万3,653人になりました。

5月3日までウイルス検査を受けた人数(累積)は約652万人で、18%が陽性で、一日平均の陽性率は0.7%でした。

ロサンゼルス・カウンティーでは、4月30日の時点で、約800万回のワクチン接種が行われました。この内分けは、1回目の接種が498万8,031回分、2回目の接種が304万5,115回分でした。

ロサンゼルス・カウンティーでは、病院、コミュニティー施設、薬局など、計739カ所でワクチン接種が行われています。ロサンゼルス・カウンティーが運営する8カ所の接種場所とコミュニティー施設での接種は、予約なしで受けることができます。コロナ・ワクチンの接種は、すべての場所で無料で行われています。

また、マーケット、商店、公共交通の乗り場に出かけて接種を行うモービル・サイトもこれまで、1,315カ所で行われ、今週は126カ所で接種を行います。

現在、コロナ・ワクチン接種は16歳以上が対象ですが、ワクチンの製造会社ファイザーは4月上旬に、ワクチンの対象を12歳から15歳に適用する申請を連邦食品薬品局に提出しました。

ジョン・ホプキンス大学のコロナウイルス資料センターによれば、全米のカウンティー行政区の比較で、ロサンゼルス・カウンティーが、依然として、累積死亡者数と累積感染者数の比較で、全米の最悪1位にランクされています。https://coronavirus.jhu.edu/us-map

メルマガ「ロサンゼルスのメール交換」への登録のお願い

(カルチュラル・ニュース編集長、東 繁春)このメルマガ「ロサンゼルスのメール交換」は、ロサンゼルスに住む約10万人の日本人に情報を届けることを目指しています。

非営利活動や団体の日程や活動報告を、無料で掲載しています。団体の役員の方や文化活動を主催する方は、Eメールを東まで higashi@culturalnews.com へ送ってください。

また、このメルマガを受け取りたい方は、登録してください。無料で、ロサンゼルスの文化活動の予定や活動をお知らせします。メルマガ「ロサンゼルスのメール交換」新規登録https://digest.culturalnews.com/?page_id=14497

また、この活動を継続するために、寄付をお願いしています。寄付の送り方は下記URLをご覧ください。 https://digest.culturalnews.com/donation