2014/日本映画のLA EigaFest/12月6日から8日まで/エジプシャン・シアターで

Miyazaki The Wind Rises

LA EigaFest では宮崎駿監督の「風立ちぬ」が12月7日午後1時30分、8日午後8時の2回上映されます。

ハリウッドで第3回となる、日本映画祭、LA EigaFest2013 126日(金)から8日(日)までエジプシャン・シアターで開催されます。

LA EigaFestは、日本映画を紹介するイベントで、ロサンゼルスのJapan Film Society が主催しています。Japan Film Society は、ロサンゼルスで日本の映画や文化を紹介し、日米の相互理解を深めることをミッションとしています。このミッションのために、LA EigaFest ではアニメファンだけではなく、幅広くアメリカ人観客層に見てもらえる日本映画を集めました。また、日本の影響を強く受けた作品も上映されます。LA eigaFest は、日米の映画界の新たな才能を発掘したり、日米の映画業界ビジネスの発展をめざしています。

■イベントタイトル:LA  EigaFest

■主催:Japan Film Society

■開催期間:126 () 128 ()の3日間 

■会場:エジプシャン・シアター

オフィシャルHP: http://www.laeigafest.com/

USプレミアとなる「許されざる者」がオープニング作品として上映されます。本作品は、ベネチア国際映画祭、トロント映画祭でも上映され大喝采を浴びました。日本から李監督が参加し、レッドカーペット、オープニングセレモニーに登場します。

この他の上映作品は、「風立ちぬ」(宮崎駿監督)、「謝罪の王様」「図書館戦争」「凶悪」「横道世之介」「髑髏城の7人」「瀬戸内海賊物語」「旅立ちの島唄」「だいじょうぶ3組」です。

2012年のLA EigaFest のショートコンペティション部門にてゴールデン・ジパング賞及び観客賞を受賞した「カリカゾク」の製作スタッフによる「死神ターニャ」、リドリー・スコットが総指揮を手がけた「JAPAN IN A DAY  ジャパン・イン・ア・デイ」も上映されます。

テレビアニメ企画では、「聖闘士星矢」と「TIGER & BUNNY」が、LA EigaFest のために英語字幕をつけ、上映されます。

米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショート・ショート・フィルム・フェスティバル & アジア」の特別セレクションが上映される他、コンペティション作品の入選6作品が上映され、最優秀作品に、「ゴールデン・ジパング賞」が授与されます。

7日には、在ロサンゼルス日本国総領事公にて、日本映画の海外輸出に貢献したことで、U.S. Japan Content Merit Award の表彰式が行われます。この表彰を受けるのは、Guillermo Del Toro (Pacific Rimの監督)Tim  KringHeroesのプロデューサー), Don Murphy氏(Transformersのプロデューサー)、 Vicki Shigekuni Wong (Hachi: A Dog’s Taleのプロデューサー)、そしてジブリ作品をアメリカに広めたPixar社のJohn Lasseter氏です。