2017/ロサンゼルス: 秋の民謡・民舞ショーが9月10日にアームストロング劇場で、南カリフォルニア日本民謡協会が主催します

南加日本民謡協会の「秋の民謡・民踊ショー」 (Cultural News Photo)

南加日本民謡協会の「秋の民謡・民踊ショー」 (Cultural News Photo)

南加日本民謡協会

ロサンゼルスの「秋の民謡・民舞ショー」

参加団体=松前会、菊田会、松豊会、竹嶺会、豊春会、寿の会、ビスタ菊田会

南加日本民謡協会、恒例の「秋の民謡・民舞ショー」が9月10日に開催されます。今年も、北は北海道から南は九州沖縄までの民謡、民舞、計32曲が披露されます。また、山形県よりの出演もあり津軽三味線や山形県の民謡が披露されます。

期日・・・2017年9月10日(日)午後1時開演

会場・・・アームストロング劇場 3330 Civic Center Drive, Torrance, CA

入場料・・10ドル(加盟団体または当日劇場でもチケットは購入できます)

主催団体・・南加日本民謡協会

連絡先・・ラーセン美奈子 (310) 998-1160

問い合わせ・タック西(310) 478-4722  – taknishi8@gmail.com

南加日本民謡協会は1963年に南加日系商工会議所の文化部の一部門として発足しました。今年で創立54年を迎えます。

現在の協会は7団体が加盟し、それぞれ毎週(会によっては2~3回)の練習に励んでいます。協会は、日本全国の民謡をロサンゼルスの人々に知ってもらうため、多くのイベントに参加し、7団体を合計すると毎年のイベント出演は100回を越しています。

よく知られているところでは、南加県人会協議会の親睦演芸会、毎年の「正月イン小東京」などに民謡協会の会員が出演協力しています。恒例の「秋の民謡・民舞ショー」は、今年で23回になります。南加日本民謡協会は、南加日系商工会議所より2017年度の地域貢献団体として表彰されました。