カルチュラル・ニュース編集長・東繁春が「ロサンゼルスの日本文化」を広島・中国新聞に連載(2024年6月)

中国新聞 広島メディアセンター 文化欄コラム緑地帯 東 繁春 ロサンゼルスの日本文化

① 関西で建設業界紙の記者を経験し、ロサンゼルスの日本語新聞社で記者として雇用された東繁春(2024年6月18日朝刊掲載)
https://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=142399

② 1998年にカルチュラル・ニュースを創刊して、ロサンゼルスで日本文化のプレス・リリースが発信されていることを知る(2024年6月19日朝刊掲載)
https://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=142403

③ リトル東京が最大の日本人町だったのは1942年以前のこと(2024年6月20日朝刊掲載)
https://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=142417

④ リトル東京はアジア系アメリカ人が集まる繁華街に(6月21日朝刊掲載)
https://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=142459

⓹ 日系アメリカ人の間で、和太鼓、盆踊りが定着(2024年6月25日朝刊掲載)
https://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=142537

⑥ 広島出身の西本願寺派・洗心仏教会のミニスター(住職)(2024年6月26日朝刊掲載)
https://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=142548

⑦ 名古屋出身のアリゾナ州フェニックスの太鼓奏者は広島太鼓保存会で稽古(2024年6月27日朝刊掲載)
https://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=142399

⑧ 2歳3カ月で被爆した大企業幹部は引退後、サンディエゴで平和活動(2024年6月28日朝刊掲載)
https://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=142593