ロサンゼルスの博物館 / カリフォルニア・サイエンス・センターで 「アンコール:カンボジアの失われた帝国」展、2月16日から9月5日まで

(ロサンゼルス)2022年2月16日にカリフォルニア・サイエンス・センターにおいて、「アンコール:カンボジアの失われた帝国」 Angkor: The Lost Empire of Cambodia 展が世界初開催されます。120点のオリジナル資料(半数はカンボジア国外において初めて公開)と体験型の展示を通して、科学的なツールを使い古代のアンコール帝国を探求します。世界で最も広大な都市と考えられていたアンコールには今でも100を超える寺院がカンボジアの密林に囲まれ、神秘的な静けさの中に存在しています。

「アンコール:カンボジアの失われた帝国」は、カリフォルニア・サイエンス・センター、カンボジア国立博物館、カンボジア文化省との協力でミュージアム・パートナーによって開発され、古代アンコール王朝の盛衰と残された遺産を科学の力を駆使して深く洞察し、明らかにしていきます。

展覧会では、碑文の解読から航空測量、レーザースキャンに至るまで、考古学のツールがいかに私たちの帝国の工学的、文化的な驚異、人々の生活、そして帝国の未来を形作った環境的な課題に関する知識を豊かにしてきたかを学ぶことができます。展覧会のチケットは以下のウェブサイトから購入してください。https://californiasciencecenter.org/visit/admission/get-tickets.

サイエンス・センターのプレジデントおよびCEOであるジェフリー・N・ルドルフは、「カンボジア文化省、カンボジア国立博物館、ミュージアム・パートナーと協力して、この展覧会をカリフォルニア・サイエンス・センターにおいて世界初公開できることをうれしく思います。この展覧会では、科学というツールがいかに奥深い方法で私たちの古代に対する理解を深め、文化遺産を未来の世代のために保存することができるかということを示しています。」と述べています。

サイエンス・センターの上級副プレジデントであるダイアン・パーロフは、「この素晴らしい展示が、アンコール王朝の遺産に対する関心だけでなく、科学のプロセス、科学が明らかにする知識、そして科学が保存する遺産への関心を呼び起こしてくれることを願っています。」と語りました。

「アンコール:失われたカンボジア帝国 」展は、2022年2月16日から9月5日までカリフォルニア・サイエンス・センターで開催され、同時に科学、神秘、古代文明が交錯する壮大な冒険を描いた視覚的に見事な3D IMAX映画が上映されます。展示とIMAX映画の両方を楽しめる大人用のコンビネーション・チケットは25ドル25セントで、さまざまな割引がついてきます。展示会のチケットは大人19ドル95セント、IMAXチケットは6ドル75セントから8ドル95セントです。また会員、15人以上のグループ、プライベートイベントのための特別割引もあります。

展覧会および/またはIMAXチケットの購入は、電話(213-744-2019)またはウェブサイト
https://californiasciencecenter.org/visit/admission/get-tickets
で受け付けています。COVIDに対する最新の対策に関しては、サイエンス・センターのウェブサイトをご確認ください。

この展覧会は、カリフォルニア・サイエンス・センターでのデビューを皮切りに、国内外でのツアーが予定されています。

カリフォルニア・サイエンス・センターについて

カリフォルニア・サイエンス・センターは、インタラクティブな展示、ライブ・デモンストレーション、革新的なプログラム、そして感動的な映画を通して、家族や大人、子どもたちが科学の素晴らしさを探求することのできるダイナミックな場所です。カリフォルニア・サイエンス・センターとIMAXシアターの住所は700 Exposition Park Drive, Los Angelesで、ロサンゼルスのハーバー(110)フリーウェイの西に位置する歴史的なエクスポジション・パーク内にあります。毎日午前10時から午後5時まで開館しています。駐車料金は、車両1台につき15ドルです。