2021 / 日本文化を英語で伝えるカルチュラル・ニュース/ 今週号(11月15日―21日)は、ミネアポリス美術館で、陶芸作家・加守田章二(かもだ・しょうじ、1933-1983)の米国初の展示会を報じています

(カルチュラル・ニュース編集長、東 繁春)陶芸作家・加守田章二は、栃木県益子町で活躍し、現在、益子陶芸美術館にその作品が所蔵されています。加守田は、ひじょうに有名な陶芸作家でしたが、わずか49歳で亡くなっています。

今回、ミネアポリス美術館で副館長兼チーフ・キューレーターを務めるマシュー・ウエルチ氏の企画で、この展示会が実現しました。個人コレクターから借りた作品49点が展示されます。

ロサンゼルスの日本文化と日本美術イベントを英語で伝えるWeekly Cultural News の購読料は1カ月9ドルで、4カ月分36ドルから申込できます。購読申し込み

Weekly Cultural News / Nov. 15-21, 2021 / “Kamoda Shoji: The Art of Change,” The Artist’s First Museum Retrospective Outside of Japan, to Open at Minneapolis Institute of Art in December