リトル東京ロータリー・クラブの奨学金、障害・試練を乗り越える青少年に支給、応募受付は8月31日まで

リトル東京ロータリー財団の半田俊夫・俊子青少年奨学金

リトル東京ロータリー財団は、障害や試練を乗り越えて活躍する青少年を対象に一人当たり1,000ドルの「半田俊夫・俊子青少年奨学金」を授与するため、応募の受付を始めます。

障害や難病を乗り越え、学業やスポーツなどの分野で目を見張る成績や業績を上げている方は、奮って応募下さい。対象年齢は16歳から24歳まで。ロス周辺在住の青少年者が対象です。ロータリークラブ会員の家族は対象外となります。

この奨学金は、身体的、あるいは、精神的な障害、難病や親を失うというような試練に負けず、力強く生きている青少年の勇気と努力に敬意を表し、今後のさらなる活躍を応援するものです。学業、スポーツ、文化、または、奉仕事業のうち一つの分野で目覚ましい成績や業績を上げている方からの応募をお待ちしています。

自薦、他薦を問いません。応募はメールへ handascholarship.rotary@gmail.com

締め切りは、2021年8月31日深夜11時59分です。

お問い合わせは、メール handascholarship.rotary@gmail.com まで。ホームページhttps://littletokyorotary.org もご覧ください。

半田俊夫・俊子夫妻はこの40年余り、ロサンゼルスの日系社会を中心に、特に障害や試練を抱えた青少年を積極的に支援されてこられました。このほど母国である日本へ帰国されるに際し、当財団へ多大の寄付を頂き、同奨学金の設立となりました。

リトル東京ロータリー財団はリトル東京ロータリー・クラブ傘下の財団で、半田俊夫氏は、同財団の初代会長です。