ロサンゼルス総領事館からの告知:高齢化社会において重要な役割を果たすヘルス関連技術及びメンタルヘルスに焦点をあてたウェビナー開催について、2月17日、5PM

このたび,在ロサンゼルス日本国総領事館は、ジャパン・ハウス ロサンゼルス及び南カリフォルニア日米協会との共催において,2月17 日(水)午後5時より、高齢化社会において重要な役割を果たすヘルス関連技術及びメンタルヘルスに焦点をあてたウェビナーを開催します。

講演者は、CYBERDYNE株式会社代表取締役社長/CEOで、世界初の装着型サイボーグ「HAL」の開発者である山海嘉之(さんかい・よしゆき)氏と、産業技術総合研究所人間情報研究部門上級主任研究員で、メンタルコミットロボット「パロ」を開発した柴田崇徳(しばた・たかのり)氏です。

米国からは、カリフォルニア州公認臨床ソーシャルワーカーのレイン志織氏を招いています。

モデレーターは、 カリフォルニア大学ロサンゼルス校ラスキン公共政策大学院のレネイ・レビィ-ストームズ准教授が務めます。

詳細は英文へhttps://japanhousela.swoogo.com/The-New-Age-of-Elder-Care