ロサンゼルスのコロナ感染(ビデオ報告つき):10月28-29日発表:新規の感染者数が8月中旬以降で最高の1,745人に

(カルチュラルニュース編集長、東 繁春)カリフォルニア州ロサンゼルス・カウンティー行政区(人口1000万人)の公衆衛生局は、毎日、コロナ感染者数、死亡者数を発表しています。今回は、10月28-29日のプレスリリースから、コロナ感染のようすをお伝えします。

ロサンゼルス・カウンティーでの新規コロナ感染者は、7月8月がピークで、1日、2000人から3000人の時期がありました。8月後半から新規感染者数は減少傾向だったのですが、10月になって増加傾向になり、10月29日の発表の1日の新規感染者数1,745人は、8月後半では、最高数になりました。なお、この数字には、バックログは含まれていません。

1日の新規感染者数(平均値)は10月第1週が940人だったことに比べて第4週は1,200人に増加しています。

この新規感染者数の増加によって、ロサンゼルス・カウンティー内では人口10万人あたりの感染者数が今週(第5週)8人になりました。第4週は7.6人でした。ロサンゼルス・カウンティーでさらにビジネスを再開するためには、10万人あたりの感染者数を7人以下にする必要があります。

ロサンゼルス・カウンティー行政区(人口1000万人)の感染状況(時系列)

(+前日比)死亡者・入院済<入院中>・(+前日比)感染確認・検査済

これまで、ロサンゼルス・カウンティー住民として記録されていたひとが、その後、住民でないことが判明し、統計が修正されることがありますので、前日比と死亡者数、あるいは感染確認者数が一致しないことがあります。

(+前日比)死亡者・入院済<入院中>・(+前日比)感染確認・検査済
10月28日 (+19) 7,044   24,391<750> (+1,745) 305,070  3,080,000

10月27日 (+20) 7,040   24,239<755> (+1,351) 303,369  3,061,000

10月26日 (+29) 7,027   24,002<747> (+1,586) 302,077  3,046,000

10月25日   (+8) 7,000   23,830<767>   (+861) 300,614  3,020,000

10月24日  (+4) 6,993   23,816<785>   (+830) 299,760  3,029,000

10月23日 (+17) 6,989   23,783<770> (+2,173)298,937  3,000,000

10月22日 (+23) 6,974   23,616<769> (+2,773)296,821  3,000,000

10月21日 (+18) 6,956   23,353<777> (+3,600)294,065  2,937,000

10月20日 (+33) 6,944  23,168<758>    (+510) 290,486  2,913,000

10月19日 (+39) 6,912  23,099<730>    (+713) 290,009  2,913,000

10月18日  (+1)  6,877  23,071<722>    (+923) 289,366  2,894,000
10月17日 (+13) 6,876  23,065<752>    (+358) 288,451  2,890,000
10月16日 (+10) 6,863  23,060<746>    (+953) 288,136  2,890,000

ロサンゼルス・カウンティーのコロナ感染状況(累計)2020年1月25日から10 月15日までの統計は下記URLに掲載されています。 https://digest.culturalnews.com/?page_id=14303

カリフォルニア州ロサンゼルス・カウンティー行政区(人口1000万人)公衆衛生局は、10月29日、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染について以下のように発表しました。

10 月29日の発表では、コロナウイルスに感染したことが確認されている現在の入院患者は750人で、このうち、31%がICU(集中治療室)に入っています。これまでの累積の入院者数は24,391人になりました。

10月29日発表の新たな死者は19人で、累計死亡者数は7,044人になりました。新たな感染確認者は1,745人でした。累計感染者数は30万5,070人になりました。

10月29日までに、ロサンゼルス・カウンティー行政区内で、コロナ検査を受けた人の数は、約308万人になりました。この内、陽性反応は約9%でした。

「ロサンゼルスのコロナ問題」は、ロサンゼルスのカルチュラルニュース編集長、東繁春によって編集・発信されています。情報源は、毎日、発表されるロサンゼルス・カウンティー行政区公衆衛生局のプレスリリースです。この記事についての問い合わせは、東、higashi@culturalnews.com へ送ってください。

 

ウィークリー・カルチュラル・ニュースの発行をはじめました

アメリカに役立つ日本文化を伝えるため、英字ウィークリー・カルチュラル・ニュース(PDF版)を6月から発行しています。購読料は、1カ月9ドルです。12月末までは、無料キャンペーンをしています。下記のURLからダウンロードして読んでみてください。https://www.culturalnews.com/weekly

 

月刊英字新聞・カルチュラル・ニュースを1998年から発行してきましたが、コロナ感染のため、ロサンゼルスおよび世界の事情が激変し、従来のようにニュースを集められなくなったため、2020年4月号を最後に発行を停止しました。ウィークリー・カルチュラル・ニュース(PDF版)は、月刊紙が発行できないので、代替サービスです。

カルチュラル・ニュース編集長、東 繁春