ロサンゼルスのコロナ問題:9月16 – 17日発表: コロナ感染者と死亡者は減少傾向に

(カルチュラルニュース編集長、東 繁春)カリフォルニア州ロサンゼルス・カウンティー行政区(人口1000万人)のコロナ感染者と死亡者は減少傾向にあります。

人種別の死亡者数(10万人あたり)を死亡者がもっと、多かった7月と9月6日を比べると、ラテン系が6人から2人に、白人が1.4人から1人に、アフリカ系が4人から1人に、アジア系が2.7人から1人に減少しています。

人種別の感染者数(10万人あたり)を感染者がもっと、多かった7月と9月上旬を比べると、ラテン系が200人から40人に、白人が50人から24人に、アフリカ系が80人から24人に、アジア系が37人から10人に減少しています。

(情報源=ロサンゼルス・カウンティー公衆衛生局9月16日発表プレスリリース)

日米間の航空便も、徐々に増える傾向にあります。「ロサンゼルスのビデオ会合」では、9月21日(月曜日)のテーマとして「コロナ検疫下の日米間の旅行」を取り上げます。ビデオ会合は午後4時からです。Zoom Meeting IDはのちほど、発表します。

最近、日米間を行き来した体験のある方、日本と米国でのコロナ検疫体験を教えてください。連絡は、higashi@culturalnews.com

ロサンゼルス・カウンティー行政区(人口1000万人)の感染状況(時系列)

(+前日比)死亡者・入院済<入院中>・(+前日比)感染確認・検査済

9月16日 (+38) 6,324  19,141 <780>   (+1,160) 257,271 2,494,000

9月15日 (+31) 6,303  18,855  <804>  (+1,148) 256,148 2,477,000

9月14日 (+47) 6,273  18,554  <772>     (+474) 255,049 2,465,000

9月13日 (+24) 6,231  18,289  <775>     (+733) 254,656 2,459,000

9月12日   (+7) 6,208  18,284  <816>    (+816)  253,985 2,448,000

9月11日 (+29) 6,197  18,271  <877>  (+1,177) 253,176 2,436,000

9月10日 (+43) 6,171  18,075  <889>  (+1,115) 252,066 2,418,000

9月09日 (+42) 6,128  17,810  <940>  (+1,239) 251,024 2,406,000

9月08日 (+61) 6,090  17,546  <936>     (+671) 249,859 2,393,000

9月07日   (+7) 6,036  17,281  <942>     (+439) 249,241 2,385,000

9月06日 (+25) 6,030  17,278  <943>     (+494) 248,821 2,380,000

9月05日   (+5) 6,005  17,270  <966>     (+798) 248,334 2,373,050

9月04日 (+24) 6,000  17,267  <984>   (+1,196) 247,542 2,360,795

9月03日 (+47) 5,977  17,108   <992>  (+1,439) 246,407 2,347,000

9月02日 (+61) 5,932  16,839<1,062>  (+1,193) 244,999 2,332,000

9月01日 (+51) 5,878  16,667<1,048>  (+1,457) 243,935 2,317,851

8月31日 (+45) 5,829  16,542<1,057>     (+840) 242,521 2,305,085
8月30日 (+16) 5,784  16,482<1,043>  (+1,022) 241,768 2,296,000

8月29日 (+10) 5,769  16,476<1,089>  (+1,030) 240,749 2,283,000
8月28日 (+27) 5,759  16,476<1,116>  (+1,339) 239,756 2,272,000

ロサンゼルス・カウンティーのコロナ感染状況(累計)2020年1月25日から8 月27日までの統計は下記URLに掲載されています。 https://digest.culturalnews.com/?page_id=14303

カリフォルニア州ロサンゼルス・カウンティー行政区(人口1000万人)公衆衛生局は、9月16-17日の、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染状況を発表しました。2日間の感染状況は、この記事トップの一覧表に記載しました。

9月17日の発表では、コロナウイルスに感染したことが確認されている入院患者は780人で、このうち、31%がICU(集中治療室)に入っています。これまでの累積の入院者数は19,141人になりました。

9月17日発表の新たな死者は38人で、累計死亡者数は6,324人になりました。新たな感染確認者は1,160人で、累計感染者数は25万7,271人になりました。

新たな死亡者38人の内訳は、80歳以上が13人でした。また、32人が既往症をもっていて、12人が80歳以上でした。

9月17日までに、ロサンゼルス・カウンティー行政区内で、コロナ検査を受けた人の数は、249万4,000人になりました。この内、陽性反応は約10%でした。

「ロサンゼルスのコロナ問題」は、ロサンゼルスのカルチュラルニュース編集長、東繁春によって編集・発信されています。情報源は、毎日、発表されるロサンゼルス・カウンティー行政区公衆衛生局のプレスリリースです。この記事についての問い合わせは、東、higashi@culturalnews.com へ送ってください。

新型コロナウィルスのNow!! 第2波
82日更新
公立陶生病院 感染症内科 武藤義和
https://drive.google.com/file/d/1m_4K6gZNhTRmMlyAQJQD02ppzSJ1Wazm/view

コロナ制圧タスクフォース
https://www.covid19-taskforce.jp/opened/coronanews0726/

カルチュラル・ニュースも、存続の危機に直面しています

ロサンゼルスを中心に、アメリカで、日本文化を伝えたいと1998年に月刊英字新聞Cultural News を創刊しました。日本が大好きなアメリカ人、日系人、そして日本文化ネイティブの方に支えられて、22年間続けてくることができました。

しかし、今回のコロナ問題で、多くのビジネスと同様に、カルチュラル・ニュースも存続の危機に直面しています。これまでのカルチュラル・ニュースを発行することができる社会環境が、大きく変わったからです。

新しい環境に適用するために、月刊新聞から、週刊PDF版への転換、ビデオ会議アプリをつかって、読者と交流したり、インタビュー取材を増やしています。

カルチュラル・ニュース事業の年間予算は、約5万ドルです。新聞の購読料が2万ドル、ドネーションが3万ドルを目標にしています。

8月末までに約8000ドルの寄付を送っていただきました。深く、感謝しています。みなさんの協力があれば目標を達成できると信じています。カルチュラル・ニュースへの寄付については、https://digest.culturalnews.com/donation をご覧ください。週刊PDF版の料金は、1カ月9ドルです。https://culturalnews.com/subscription

カルチュラル・ニュース編集長、東 繁春
非営利団体・カルチュラル・ニュース協会・代表、東 繁春