ミシガン州から:リモート講演会 「あるボランティアの活動 ~ 現場でできること・遠くでもやれること~」 8月29日、8PM(東部時間)

ミシガン州からのお知らせ

Japanese Cultural Development / Japanese Business Society of Detroit広報部会共催 リモート講演会のお知らせ

テーマ:「あるボランティアの活動 〜現場でできること・遠くでもやれること〜」

記憶に新しい7月末の熊本県球磨川流域の芦北、人吉地区被災地への支援活動から見えた、現場でできること・遠くでもやれることの考察。

日時:米国東部時間 2020年8月29日(土)午後8時より

日本時間 2020年8月30日(日)午前9時より

講師:ツノダヒロカズ(角田寛和)氏

参加費:無料

お申込み方法:https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_C7fLKN8-SJayQDf0-4BHTQ からお申込みください。

定員:500名

その他詳細:フライヤーをご覧願います。

 

【角田氏のプロフィール】

サッカー日本代表のサポーターに「ちょんまげ」で知られる人物がいます。ツノダヒロカズ・通称ツンさんです。彼は日本代表を応援するだけでなく、サッカーを通してボランティア活動を東日本大震災以来始め、数々の被災地に出かけてこられました。そして今年七月の熊本県球磨川水害地域にも支援に出かけ、エチオピア・ネパール貧困地域支援などの活動の場は世界中。製作した福島の映画「MARCH」は、ロンドン、ニースの国際映画祭にて最優秀賞を受賞。またこれまでに国内外で400回を超える講演会を行っています。