ロサンゼルスで上映の日本映画:孤独死をテーマの映画「ひとりじゃない」をリトル東京のアラタニ劇場で上映、3月8日、5:00PM

映画上映会・リトル東京サービスセンター
Little Tokyo Service Center
Children and Familiesプログラム主催

東日本大震災の津波で妻と子どもを亡くした赤井誠(稲森誠)。被災地から離れた地で一人暮らしを余儀なくされる中、家族が忘れられず、後追い自殺を考えながら鬱々(うつうつ)とした日々を過ごしていた。

そんな時、自転車で旅する稲川美奈子(小林涼子)と出逢い…。

「孤立・孤独死を出さない地域の見守り」をテーマに、鐘江監督が書き下ろしたオリジナルストーリー。

宮城県登米市豊里町の豊里コミュニティ推進協議会が中心となって制作した地方再生映画。

豊里町でロケが行われ、同町の住民も出演。「孤立・孤独死」は高齢者に限らず深刻な社会問題となっている。

「孤独死」は想像以上に身近なものであり、周りの人と声を掛け合い、皆で支え、見守る町を作ろうとの思いが詰まった映画となっている。

映画「ひとりじゃない」
監督・脚本・編集 鐘江 稔

日時: 2020年3月8日(日) 開場午後4時半 上映午後5時
場所: アラタニ劇場(244 S. San Pedro St., L.A. 90012)
言語: 日本語(英語の字幕付き)

参加費: 無料
申し込み: 213-473-3035(LTSC)
https://give.ltsc.org/NotAlone

Little Tokyo Service Center
231 E. Third St. Suite G106, Los Angeles, CA 90013
213-473-3035 | www.LTSC.org