ロサンゼルス総領事館から山火事について注意喚起メールが発信されました(10 月28日12:15PM)

ロサンゼルス総領事館から、下記の注意喚起メールが発信されました(カルチュラルニュース編集長、東 繁春)

(注意喚起)カリフォルニア州における山火事(引き続き警戒してください)在ロサンゼルス総領事館  20191028 12:15PM

現在、カリフォルニア州で複数の山火事が発生しています。

また、今後も強風等による山火事発生の危険性があります。関連ウェブサイトやニュース等を参考に最新の山火事情報の確認を行ってください。

1 昨日(10月27日)、ニューサム・カリフォルニア州知事は、カリフォルニア州全体で山火事と多数の人々の避難をもたらしている強風の影響を踏まえ、州全体に緊急事態を宣言しました。

2 現在、発生中の山火事は、以下のサイトのとおりです。

○カリフォルニア州森林管理・防火局:http://www.fire.ca.gov/current_incidents/?page=1

3 居住(滞在)地周辺において山火事が発生した場合は、避難に備え懐中電灯・携帯用ラジオ等を手元に置いておくほか、避難時の携行品や服装(肌を露出しないもの)等を準備、家族や友人等に緊急の連絡先を知らせ、事前に避難経路を確認するとともに、必要な場合には安全な場所に避難してください。

また,発生地域及び周辺では広範囲に灰が飛散します。ぜんそく等の持病をお持ちの方は、特にお気を付けください。

【参考ウェブサイト】

○山火事への備え(居住者向け):http://www.readyforwildfire.org/

○AirNow(大気汚染状況情報):https://airnow.gov/index.cfm?action=airnow.local_state&stateid=5&mapcenter=0&tabs=0

4 山火事対策として、電力会社(SCE: South California Edison)による計画停電、いわゆる「PSPS:Public Safety Power Shutoff」が行われる場合があります。計画停電に関しては,下記サイトをご覧ください。

○South California Edison:Public Safety Power Shutoff (https://www.sce.com/safety/wildfire/psps)

5 万一、災害に巻き込まれた場合は、現地当局が発表する警報・指示等に従って安全確保に努めるとともに、ご自身の状況について日本の留守家族及び最寄りの在外公館(日本国大使館または総領事館)に連絡してください。

6 海外渡航の際には万一に備え、家族や友人、職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。

3か月以上海外に滞在される方は、在外公館が緊急時の連絡先を確認できるよう、必ず「在留届」を提出してください。

3か月未満の旅行や出張などの際には、渡航先の最新の安全情報や、緊急時に在外公館が連絡を受け取ることができるよう、外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html)

【問い合わせ先】
在ロサンゼルス日本総領事館 領事班
電話:213-617-6700
ホームページ:https://www.la.us.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

このメールは「在留届」及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに配信しています。

(ロサンゼルス総領事館メールの引用、終了)