2019/ニューヨーク: 神話としめ飾り作りワークショップ、10月26日

しめ飾り

10月26日(土)、ニューヨークのマンハッタン区にあるランドールズ島で注連飾りワークショップと日本の神話を分かり易く英語で紹介するイベントが開催されます。料金は無料です。

お正月を迎えるにあたり、日本では注連(しめ)飾りを玄関に飾る慣習があります。注連飾りの慣習を学びながら、ニューヨーク市内で唯一の水田で育った稲わらを使って注連飾りを作りってみませんか?

ギリシャ神話や北欧神話を題材にした映画が作られる中、日本の神話を知らない日本人が増えています。このイベントでは、神話のふるさと島根を舞台にした神話を英語で楽しく紹介します。また、神話と密接な関わりを持つ、日本の文化慣習の礎となる神道についても説明します。「ご縁」という言葉を知っていても、神道を説明できる人は多くありません。神道は自然を敬い感謝をする神道は創始者もいなければ教典もないため、宗教とは言いがたく、エコな生き方と言えます。未来の子供達が私達と同じように美しい自然を楽しめるよう、自然や他者に感謝と敬意を払う生活スタイルを知るチャンスです。ご家族揃ってご参加ください。

Who: Shusse Inari Shrine and GROW Externships

What: Simekazari workshop and “Japanese Mythology and Shinto?” lecture and activities
Where: The NYC Parks Citywide Services Building,

20 Bronx Shore Road, Randall’s Island, NY, 10035 (2nd Floor Training Room).

When: Saturday, October 26th. Lecture: 12noon – 3pm

Fee: 無料! 日本のおやつも無料でサービスします!
RSVP & inquiries: growexternships@gmail.com

Website: www.ShusseInariShrine.org
SNS: Facebook @ShusseInari        Instagram @ShusseInariShrine       Twitter @ShusseInari

アメリカ出世稲荷神社(ShusseInariShrine.org)

NPOアメリカ出世稲荷神社は、神話のふるさと島根県に鎮座する出世稲荷神社の米国分社です。

日本人の文化・慣習の礎となる神道は、創始者となる教祖もいなければ、聖書や経のような教義・教典もありません。「神道」の存在は2000年以上前にはあったと言われています。

全てのものにスピリット(神様)が宿ると考えた古代の日本人は、太陽、月、水など目に見えるもの、生き物だけでなく、縁(えん)や豊穣など、目に見えない力にも神様がいると考え、感謝と畏敬の気持ちを抱いてきました。また、祖先がいたからこそ今の自分があるとして、祖先も大切に敬ってきました。21世紀になった今も、多くの人が「縁」を信じているように、こうした考えは日本人の中に受け継がれているのが分かります。神道の「共存と調和を大切にする」という生き方を踏襲してきた日本人は、災害時にその力を発揮して世界の人々を驚かせました。自然を敬い感謝する生き方は、地球温暖化が進む今の世の中に必要なエコなライフスタイルと言えます。アメリカ出世稲荷神社では、未来の子供達が美しい自然を楽しむことができるよう、日本人が古から伝えてきた季節の行事や文化・伝統を通して、自然や他者に感謝と敬意を払う生活スタイルを紹介しています。

出雲の国にある本社・出世稲荷神社は、松江の領主が代々信仰した神社で、12世紀まで歴史を遡ることができます。開運出世に特に御利益があることから、「出世稲荷神社」という呼び名となり、合格成就・開運招福を願う人々が多くお参りしています。

Facebook @ShusseInari      Instagram @ShusseInariShrine       Twitter @ShusseInari

Contact: amuletoffice@shusseinarishrine.org  Phone: 323-823-6752

 

講師紹介

アメリカ出世稲荷神社 宮司 はせがわいずみ(IzumiHasegawa.com

世界で唯一の神主兼映画ジャーナリスト、はせがわいずみは、アメリカ出世稲荷神社の宮司で、実家である出世稲荷神社の禰宜でもあります。法政大学を卒業後、NHKやFM石川などで局アナとして活動し、フリーアナウンサーを経て、國學院大學で神職講習を受け、神主の資格を修得しました。1999年、ハリウッドの映画記者になる夢を叶えるべく、単身渡米。コミュニティカレッジで映画制作を専攻した後、記者として全米に発行する日本語雑誌U.S.フロントラインに就職しました。独立後に、スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する映画専門の通信社Hollywood News Wire Inc.を設立。これまでに取材したセレブはのべ1万人以上です。また、同社のウェブマガジンWhatsUpHollywood.comの編集長も兼任しています。

2009年には、ロサンゼルス記者クラブの国際コラムニスト賞を受賞し、同エンターテイメント・ジャーナリスト・オブ・ザ・イヤー候補にもなりました。

また、フリーランスのライターとしては、20世紀フォックス映画やパラマウント映画の公式記者としてドラマ『24-TWENTY FOUR-』などを取材。公式ガイドブック『メイキング・オブ・24 -TWENTY FOUR-』(竹書房)を上梓しました。

島根県のふるさと親善大使「遣島使」として活躍する傍ら、2012年には島根県庁からの依頼で古事記編纂1300年の記念のウェブサイトJapaneseMythology.jpの編集長を務めました。

神主として日本の伝統文化を次世代に伝えるべく、様々な神事を斎行する中、ヒストリー・チャンネルに出演。また、アマゾン・プライムのドラマ『高い城の男』の文化コンサルタントを担当しました。

松江市観光大使、ロサンゼルス島根県人会の会長も務め、地域の発展に貢献しています。

各大学や高校・中学、国際交流基金などの団体での講演も行い、日本の伝統文化の紹介や若者の激励を行っています(講演リストは別紙をご参照ください)。

Instagram @IzumiHasegawa

GROW Externships

Max Lerner directs the environmental initiatives of the NYC Parks Emerging Technology team as part of Citywide Services Sustainable Facilities Division. Managing a rotating think tank of ~100 scientific visionaries, he pilots organic building systems, tests cutting edge equipment and workshops revolutionary best practices to continually vet new project ideas for the agency. This work is primarily housed in the Citywide Services learning laboratory, a free and open educational space demonstrating all emerging technologies relevant to NYC Parks including the world’s most diverse green roof demonstrating over 40 unique systems on the same facility. Through his work, NYC Parks will continue to design innovative ways to advance green infrastructure efforts and solve critical urban environmental issues impacting New York City and beyond, furthering the field and ensuring our incredible city has a sustainable future.

With over 15 years of experience designing and installing green roofs and related system, he is doing everything in his power to share best practices learned both nationally and internationally in an effort to bridge the gap between environmental education, living realities and sustainable solutions. This work has more recently taken him to Western Japan in which he is focused on assisting the least populated prefectures of the country in an effort to preserve their agricultural traditions as well as demonstrate the value and importance of working in earth-focused careers

GROW Externships is a work abroad program designed to connect passionate environmentalists with impactful farming projects in the Shimane and Tottori prefecture of Japan, exchanging sustainable agricultural practices as well as absorbing the rich cultural background, traditions, history, trades and arts of Japan in the process. This enriching work allows for a wealth of learning opportunities helping communities develop strategies for empowering their farming industry as well as creating a bridge between U.S. and Japanese cultural values and environmental best practices, bringing the best to both locations whenever and wherever possible. GROW Externships is honored to have the opportunity to collaborate with Shusse Inari Shinto Shrine and would be happy to work with you too. Interested applicants who would like to work with and/or abroad as part of the GROW Externships program are welcome to reach out to growexternships@gmail.com for additional info!