戦時強制収容のアリゾナ州収容所での野球の活動を記録する展示物(キオスク)が、アリゾナ州内の市立公園内に設置されました

戦時日系強制収容のアリゾナ州収容所での野球を記録する展示物(キオスク)。チャンドラー市立ノゾミ公園で。(Source: Chandler City Website)

戦時日系強制収容のアリゾナ州収容所での野球を記録する展示物(キオスク)。チャンドラー市立ノゾミ公園で。(Source: Chandler City Website)

戦時日系強制収容のアリゾナ州ヒラリバー収容所では、フレスノから収容された銭村健一郎(ぜにむら・けんいちろう)によって野球場が作られ、32の野球チームが存在していた。この歴史を見つけたアメリカ人の野球歴史研究家によって、この日系強制収容と野球の歴史を記録する展示物(キオスク)が、ヒラリバー収容所の跡地に近いアリゾナ州チャンドラー市の市立ノゾミ(望み)公園内に設置されました。オープニング式典は、2017年1月21日にノゾミ公園で行われました。

詳しいストーリーは、アリゾナ州フェニックスで発行のOASISのウエッブサイトをご覧ください:http://www.acejapan.net/oasis/this-month/this-month.html