2016/LAカウンティー議会が4月12日に議決、公衆衛生局が敬老施設売却の調査に乗り出す

4月12日にロサンゼルス・カウンティー議会で、証言した(左から)堀尾誠治さん、Dr. Takeshi Matsumoto, Mr.Raymondao Hamaguchi, 池田啓子先生、Ms. Adelle Lutz, Mr. Sean Fleming, Jr (Cultural News Photo)

4月12日にロサンゼルス・カウンティー議会で、証言した(左から)堀尾誠治さん、Dr. Takeshi Matsumoto, Mr.Raymondao Hamaguchi, 池田啓子先生、Ms. Adelle Lutz, Mr. Sean Fleming, Jr (Cultural News Photo)

LAカウンティー議会が議決、公衆衛生局が敬老施設売却の調査に乗り出す

<カルチュラル・ニュース編集長、東 繁春から>

ロサンゼルス・カウンティー議会(ボード・オブ・スーパーバイザー、定数5人)は4月12日午前の定例議会で、日本人と日系人約600人が暮らす敬老介護施設3カ所の売却問題を取り上げ、売却によって居住者が適切なサービスを受けられなくなる恐れがあるとして、カウンティーの管轄下にある公衆衛生局に対して、調査を行い、60日以内にカウンティー議会に報告することを議決しました。

この決議は、3月24日付けで、9人の連邦下院議員の連名でロサンゼルス・カウンティー議会あてに、敬老施設売却には、問題があるので、カウンティー議会は調査を行い、問題を解決すべきだという要請文が送られたことに答えたもので、第1選挙区のヒルダ・ソリス議員(現在、議長)と第2選挙区のマーク・リドリー=トーマス議員(現在、副議長)の2人がこの敬老問題議案(51-B)の提出者となりました。

4月12日午前10時30分ごろから始まった、審議では、10人がひとり約3分で証言台に立ちました。10人目のマツモト・タケシ医師の証言が終わった午前11時30分ごろ、ただちに採決され、賛成 4、欠席1(アントノビッチ議員)で可決されました。

また、この敬老問題議決(51-B)には、ロサンゼルス・カウンティー行政局長(CEO)にたいしてロサンゼルス・カウンティー議会議員5人の連名で、敬老施設の売却を認めたカリフォルニア州司法長官あてに、敬老施設の居住者が適切にサービスを受けているか、どうかの調査を要請する公式文書を作成しなければならない、という条項が含まれています。

4月12日にロサンゼルス・カウンティ議会の証言台に立ったのは①Sean Fleming, Jr, ②Raymonda Hamaguchi、③Adelle Lutz、④堀尾誠治、⑤Mo Nishida、⑥井川いつき、⑦David Watanabe、⑧入江健二、⑨池田啓子、⑩Takeshi Matsumotoです。

なお、この10人の証言は、カルチュラル・ニュースがビデオ録画しましたので、YouTubeに掲載できしたい、お知らせします。

連邦下院議員からロサンゼルス・カウンティー・スーパーバイザーへの要請文の原文はここから読むことができます。http://www.culturalnews.com/wp-content/uploads/2016/04/20160324-Nine-Congress-Members-Letter-to-LA-County-Supervisor.pdf

ソリス議員とリッドレイ議員による4月12日の議案51-Bはここから読むことができます。http://www.culturalnews.com/wp-content/uploads/2016/04/20160412-LA-County-Supervisor-Motion-about-Keiro-Sale.pdf

関連記事:強大な行政権を持つロサンゼルス・カウンティーと議会(ボード・オブ・スーパーバイザー) http://digest.culturalnews.com/?p=4389

<このメールは、ロサンゼルスで、重大ニュースが発生したとき、カルチュラル・ニュース編集長のEメールリストに登録されている方に送信されます。こうしたメールを受け取ることを迷惑とされる方は、東まで連絡ください。リストから削除します。またこのメールを転送で受け取られている方もいらっしゃいますが、直接、東からメールを受け取りたい方も、東まで連絡をください。>

カルチュラル・ニュース編集長、東 繁春