Japan Houseのウエッブの公開が始まりました。世界3都市巡回「企画展」の募集告知が掲載されています

Japan House のウエッブサイトが3月25日に公開されました。www.japanhouse.jp

3月25日付けの新規情報は下記のとおりです:

JAPAN HOUSEでは、ロンドン、ロサンゼルス、サンパウロの各都市を巡回する「企画展」を募集します

2017年、外務省は、ロンドン、ロサンゼルス、サンパウロにおいて、日本の海外発信拠点JAPAN HOUSEを創設します。そこで、意欲と才能のあるアーティスト、クリエイター、エンジニア、研究者、企業、団体等の皆さまに、「日本とは何か」という大 きな問いに対する答えを、ジャパン・ハウスにおける「企画展」として、表現してもらいたいと考えています。ジャンルは問わず、国内外から広く募集します。

JAPAN HOUSEとは?

ジャパン・ハウスは、世界のより多くの人々に対して、日本の魅力の諸相を「世界を豊かにする日本」として表現・発信することにより、日本への深い理解と共 感の裾野を広げていくための文化発信拠点です。3都市の拠点では、日本の文化の諸相を世界にとっての未来資源としてとらえ直し、「いかに日本を知らなかったか」という新鮮な驚きを通じて、日本についての新たな知的好奇心や訪問意欲を喚起することを目指します。
この目標を実現するため、各拠点は、展示スペース、シアター機能を含む多目的スペース、飲食・物販エリアを持ち、日本の多種多様な魅力を複合的に発信でき る新たな情報プラットフォームとして機能していきます。同時に、現地の専門家からなる運営委員会と事務局が設置され、現地の知見とネットワークを活用する ことにより、現地の人々への浸透力の高い事業を効果的に立案・実施する体制を備えています。

日本の各地方自治体、事業者、教育機関、文化人などの方々が主役となって、ジャパン・ハウスという舞台にあがり、ここを通して世界と日本の間に、人や情報の新しい循環の輪を創り出していくことがジャパン・ハウスの使命です。

JAPAN HOUSE 回展覧会とは?

ジャパン・ハウスでは、1年に3企画の予定で、各拠点を巡回する共通企画展を行います。これは「日本とは何か」という大きな問いに対する答えを様々な視点 から提示し、海外の方々に日本の持つ魅力に目覚めてもらうことを目指しています。また、海外における発表・表現の場そして各地におけるサポート体制を提供 していくことにもつながります。今までにないコンテンツの送り込みや新たな日本のあり方をプレゼンテーションしていただける機会を創り出したいと考えま す。

募集企画

企画展として既に具現化されているもの、あるいは実現可能な企画として立案されているものが対象となります。テーマは広く、日本を紹介する「もの」や「こ と」、日本ならではのクリエイションやクリエイティブな要素を取り上げ「企画展」としてキュレーションされたものを、あらゆる領域から受け付けます。

すでに国内外で発表されたものから、現在制作中のもの、このために新たに企画・制作されたものなど、その形態は問いません。またジャンルも問いません。た だし、さまざまな表現方法やコミュニケーション手法を用いて、日本に対する関心の広がりや理解の深まりが期待できること、そしてジャパン・ハウス自体の運 営における話題性や集客性が確保できる企画展であることが求められます。

展示施設

ジャパン・ハウスの3拠点を対象とし、各都市を巡回します。各拠点に設置されている展示スペース(300~400m²程度)での展示を基本としますが、各 地の状況に沿った展示・プレゼンテーション方法やジャパン・ハウス内その他スペースの活用などは、現地企画局と相談の上、工夫していただくことになりま す。なお、美術館や美術ギャラリーのような温度・湿度管理の行き届いた環境は提供できません。また、各拠点の図面等は、随時ジャパン・ハウスのウェブサイ ト(www.japanhouse.jp)に掲載していく予定です。

①JAPAN HOUSEロンドン
②JAPAN HOUSEロサンゼルス
③JAPAN HOUSEサンパウロ

展示期間

平成29年4月以降 1選定企画展示につき各拠点3ヶ月程度
※各拠点の運営事情等により、開催期間を調整することがあります。

実施にかかる経費等

展示作品そのものの製作費は支払いません。入賞企画の3都市巡回にかかる経費及び事務作業(輸送手続及びその費用、会場設営、関税及び関税処理業務、展示 関連施工費、現地におけるPR・マーケティング費、オープニングレセプション費、代表者又は代表アーティスト1名の渡航費用等含む)は、原則ジャパン・ハ ウス各都市事務局が負担します。施設使用料の徴収はありませんが、会場内で物販スペース等の設置を希望する場合には、別途協議とします。入場料や物販等に ついて詳細は巡回企画展の採用後に決めていくことになりますが、入場を有料とすることや、企画にあわせて物販を行うことも可能です。

応募資格

1.ジャパン・ハウスの趣旨をご理解いただき,それに沿って活動いただける方(個人、グループ、企業、国籍問わず)
2.採択された際に、ジャパン・ハウス各都市拠点において企画の実現が可能な方

スケジュール│予定 随時更新

お問い合わせ info-japanhouse@mofa.go.jp