2014/全日空が小学生を招待し、ボーイング新型機の旅客初フライト、8月4日

全日空(ANA)は、8月4日、羽田空港から、日本の小学生および日本在住のアメリカの小学生を招待し、新型機ボーイング787-9型機の「世界初旅客フライト」を実施する。

全日空は、7月27日に、B787-9機の日本初受領を予定している。これを記念して、在日米国大使館とボーイング社の協力のもと、日本の小学生および日本在住のアメリカの小学生を招待することを決めた。

また、この1号機の機体には「TOMODACHIイニシアチブ」のロゴがラッピングされる。

8月4日の遊覧フライトのコースは、羽田空港-富士山上空-羽田空港となる。この遊覧フライトの一般販売は行われず、招待する小学生は全日空社、在日米国大使館、ボーイング社によって決定される。

(ANA News、第14-031号、2014年7月24日より)