全米日系人博物館の特別展「怪獣 VS ヒーロー」は会期を7月7日まで延長

20190309 JANM Kaiju Heroes

■ロサンゼルス・リトルトーキョーにある全米日系人博物館は、特別展「怪獣 VS ヒーロー:日本の玩具をめぐるマーク・ナガタの旅」の会期を延長し、7月7日(日)まで展覧会を開催いたします。

この展覧会では、玩具デザイナーかつコレクターである日系三世のマーク・ナガタが、デザインした玩具に加え、ビンテージから現代の日本のソフトビニール人形(フィギュア)を展示しています。

ゴジラやモスラといった「怪獣」やウルトラマンや仮面ライダーといった「ヒーロー」の日本の玩具に魅せられたマーク。こうした玩具収集の旅は、マークにとって日系人としての自分のルーツを再発見する旅でもありました。ぜひこの機会に、日本の玩具のめくるめく世界を体感してみてください。

※同展の観覧料は通常の入館料に含まれます

◎展覧会ウェブサイト(英語):http://www.janm.org/exhibits/kaiju-vs-heroes/

615日(土)「怪獣コン」 開催 !

「怪獣 VS ヒーロー」展の関連イベントとして、6月15日(土)には「怪獣コン」を開催します。

当日は、開館時間から閉館時間まで、怪獣や日本の玩具に関連したベンダーの出展や、ワークショップ、パネルディスカッション、デモンストレーションなどを行います。

※怪獣コン・チケット(5月1日発売):

5/31までの購入:$25(一般、当館会員は$20)、$20(6~17歳、当館会員は$15)
6/1以降:$30(一般、当館会員は$25)、$25(6~17歳、当館会員は$20)

※5歳以下の子どもは、大人の参加者の同伴により無料となります

◎怪獣コン・ウェブサイト(英語):http://www.janm.org/exhibits/kaiju-vs-heroes/kaiju-con/

また怪獣コンを開催する6月15日の午後8時30分からは、『GODZILLA ゴジラ』(2014)を屋外映画上映します。同映画の鑑賞は無料で、予約は不要です。

■全米日系人博物館 とは

ロサンゼルスのリトルトーキョーにある全米日系人博物館は、非営利の博物館として1992年に開館しました。日系アメリカ人の経験を伝えていくことにより、アメリカの人種や文化の多様性に対する社会的理解と認識を深めていくことをミッションとしています。

〈アクセス〉 100 N. Central Ave., Los Angeles, CA 90012
〈開館時間〉 火~日曜11:00-17:00(木曜は12:00-20:00)※入館は閉館時間の30分前まで月曜および独立記念日、感謝祭、クリスマス、元日は休館