ロサンゼルスで役にたった、呉市防災情報メール

ロサンゼルスで受信した呉市防災情報メール。表示されている時間は、ロサンゼルス時間です。iPad Mini使用

ロサンゼルスで受信した呉市防災情報メール。表示されている時間は、ロサンゼルス時間です。iPad Mini使用

ロサンゼルスで役にたった、呉市防災情報メール

ロサンゼルス・カルチュラルニュース編集長の東繁春です。

2年前からロサンゼルスで「東繁春のスマホなんでも相談」を毎週、火曜日にやってきました。

今回の西日本豪雨災害で、わたしの故郷・広島県呉市にも大被害があり、8月2日から9日まで、日本に戻ります。この期間中、もし、みなさんにお会いできる機会がありましたら、「ロサンゼルスで役にたった、呉市防災情報メール」について、話をしたいと思っています。

数人でもかまいません。場所はコーヒーショップでも、駅の待合室でもだいじょうぶです。話を聞いてみたい方は、東まで(higashi@culturalnews.com :Line IDは culturalnews )連絡ください。

+

8月2日に香川県高松市で、8月3日に愛媛県新居浜市で、8月7日に広島市で、8月9日に広島県呉市で、この話をしてきました。(カルチュラルニュース編集長、東 繁春)

わたしは、数年前から呉市防災メールをロサンゼルスでも受信できるように登録しています。そして、このメールは、わたしのiPhone のスクリーン画面に、着信と同時に表示されるようになっています。

今回の豪雨災害について、最初に気がついたのは、ロサンゼルス時間7月5日3:50PMのことでした。

日本時間、7月6日7:50AMです。「こちらは呉市です。土砂災害や浸水の危険性が高まっているため、7時45分、市内全域に避難準備・高齢者等避難開始を発令しました。」

これを読んで、すぐに、呉市広横路地区に居る、母親(88歳)に電話をしました。電話は通じました。

ロサンゼルス時間7月6日12:03AM, 5日の深夜、
日本時間では、7月7日4:03AM に、「呉線 大雨 運転見合わせ」が防災メール送られてきました。わたしは、JR呉線の運行を、いつも目安にしています。

呉線が運行できないほどの大雨が降っていることが認識できました。

ロサンゼルス時間7月6日6:46PM
日本時間、7月7日10:46AMに、「重要 水道の断水及び水圧低下について」が発信され、(7月7日の)「お昼過ぎ頃から断水及び水圧低下となります。」の情報が入ってきました。すぐに、呉市の母親に電話をして1時間後に断水が始まるので風呂に水をためるように伝えました。

今回の豪雨災害では、幸いにも、呉市内の電話回線が切れなったので(呉市役所の電話は一時的に不通になりましたが)ロサンゼルスからいつ呉に電話をしても、高齢の母と話をすることができました。

また呉市防災情報メールを受信することで、呉市内の被災状況をリアルタイムで知ることができました。たぶん、呉市内にいるひとよりも、ロサンゼルスのわたしの方が災害の全体状況をより早く知ることができたと思います。

こうした実際のわたしの体験からスマートフォンの使い方を説明します、そして、まだ、スマホを持っていない方は購入のきっかけにしていただき、すでにスマホを持っている方は、自分の住んでいる地域の防災情報メールを受信できるようにしてほしいのです。

情報があれば、災害の被害をすくなくすることができるのです。

現在の日本は、親は故郷に残り、子供や孫が都会で生活している家族が大半なので、こうした防災情報メール(緊急メールと呼ぶ地域もあります)が親子関係を保つためにも、重要となります。高齢者、ひとり暮らしの方に、今の日本では、こんなことができると知ってもらいたのです。

カルチュラルニュース編集長、東 繁春